読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rubyで総和・平均・分散・標準偏差を算出する

はじめに

タイトル通り。もう何回か自作してる気がするので、そろそろメモしておく。

実装

Arrayクラスを書き換えます。

class Array
  def sum
    reduce(:+)
  end

  def mean
    sum.to_f / size
  end

  def var
    m = mean
    reduce(0) { |a,b| a + (b - m) ** 2 } / (size - 1)
  end

  def sd
    Math.sqrt(var)
  end
end

使い方

基本統計量は次のように計算できます。

a = (1..10).to_a
# => [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10]

a.min # Rubyの標準メソッド
# => 1
a.max # Rubyの標準メソッド
# => 10
a.sum
# => 55
a.mean
# => 5.5
a.var
# => 9.166666666666666
a.sd
# => 3.0276503540974917

おわりに

もっと複雑なことをやりたいのであれば、statsampleというgemを使いましょう。